PREVENTIVE DENTISTRY
  • カムカムクラブ
  • ウェルカムクラブ
  • カムカムジュニアクラブ
予防歯科についての考え
予防については、わかっているつもりでいましたし、そして、以前からやっているつもりでした。でも、なるべく削らない、抜かない、歯のクリーニングをしてむし歯や歯周病の予防をする。その程度ぐらいの考えでした。しかし10数年前に高橋伸治先生に出会って予防歯科の考えを教えていただき、考えかたが変わり私の医院が大きく躍進するきっかけになりました。

『ヘルスプロモーション型予防歯科』
一言で言うのなら術者主体の予防から来院者主体の予防へということでしょうか。予防は患者さんが自ら予防をしていこうという気持ちがとても大切なのです。わたしたちはその手助けをするサポーター。そこには、本当に笑顔と感謝の飛び交うあたたかい空間があります。これは治療のなかではなかなか経験できないことです。「健康な人も喜んで来てくれる歯科医院」。というのが、私の医院の合言葉です。

最近は患者さんから、「もっと早く先生に出会っていればよかった。「いつもここにくるのが楽しみです。」
「ああ、すっきりした、気持ちよかった。」こんな言葉をたくさんいただくようになりました。

もしかしたら患者さんが予防しようと、自ら気づいてくれるのは5年後、10年後かもしれません。それでもあきらめず、患者さんと共に歩んでいく、いつか気づいてもらえる。そんな気持ちで日々患者さんと接しています。予防をしていて、患者さんからだけじゃなく、スタッフからも教えられることも多いです。私も成長できたし、スタッフも成長していると実感しています。予防をしていて本当によかったと思います。

『この日本も予防を重視した、医療制度になれば入れ歯や、インプラントに頼らず、生涯にわたって自分の歯でかめるようになる人が増えるのに』と、つくづく感じます。
虫歯の原因と予防法
虫歯の原因は、口腔内に常在する球菌(ミュータンス菌)などです。そして口の中に砂糖が入ってくると、この菌が砂糖をデキストランに変えます。こうしてできたデキストランは、ネバネバして細菌と共にどんどん歯面に付着します。これがプラーク(歯垢)です。プラークの下の歯面では酸による脱灰が起こり、虫歯が始まります。
  • 歯ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)などを使用して噛み合わせの溝や歯と歯茎の境目や歯と歯の間に付着したプラークを除去することが最も重要なことです。

  • フッ素は歯の表面を強くして歯を溶かす酸に対して抵抗力をつけます。また脱灰した歯の表層部分の再石灰化も促進させます。キシリトールはミュータンス菌の数を減少させて、歯を溶かす酸の生成を抑制する効果があります。

  • 栄養のバランスのとれた規則正しい食生活を心がけることが大切です。砂糖を多く含む食品(おやつ類やジュース等)は摂取回数やタイミングに気をつける必要があります。

  • 虫歯は放置しておくと、治ることはなく徐々に進行していきます早期発見のため、また予防処置のために年2~3回は検診されることをお勧めします。

PMTCのご提案
PMTCとは、毎日、隅々まで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所や汚れがたまりやすい所が出来てしまいます。この部分のクリーニングを歯科衛生士が専門的な機器を使って行うことです。

PMTCには、虫歯予防や歯周病の予防や改善、歯質の強化とともに、歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つ、などの効果があります。痛みもなく早く終わります。

最近は治療ではなく予防で歯科に通う時代になってきました。つまり『虫歯』『歯周病』をつくらないための『定期的予防通院』の時代です。
歯周病の原因である歯石を、付着してから取るのではなく、付着させないようにするのが一番の予防になります。そこで当クリニックでは、定期的に『PMTC』の受診をおすすめしております。
大人の方はもちろん、お子さまの歯肉炎や虫歯の予防にも最適です。美容院に行く感覚で治療を受けてみてはいかがでしょうか?

お口の中はさっぱりとし、きれいな歯でいつまでも笑顔でいられますよ♪